この1週間の株式市場の強烈な調整について

今週から花粉もすごかったですが、この1週間の株式市場も強烈だったですね。今朝、NY Dowはマイナス1,032.89ドルで終わっていたので、また、びっくりしました。

また、夕方に、今日の日経平均はマイナス508.24円で終わっていたことを確認しました。

下の表に、数字を足させていただきましたが、とんでもない表です。今週は、夜も昼も市場を追っていたかったのですが、そういう訳には行きませんね。でも、これだけすごい市場だと、追っかけることができていたメディアも少なかったのではないかと思っています。

NY Dowも日経平均も、このところのGゼロ状態での大幅な上昇を受けた調整だとしても、短い間に激しすぎる感じがしています。

今週の強烈な調整については、色々なところのキャッシュフォローが気になります。例えば、NY Dowは4営業日の間に2回も1,000ドル以上下げていますので、多くの人や組織が追証(Margin call)を精算できるかということですが、今回は、それ以上に株価が高値を追っていたので、もし、SQが今月のプット オプション(Put option)を大量に売っていた金融機関があるとすると、何らかの大きな事件が起きそうな気もしています。

これまでの上昇でかなり利益が乗っているので、この調整で株式を売っても問題ないということだといいのですが。

さっき、NY Dowはプラス100ドル程度で動いていましたので、落ち着き出している感じもしますが、東京市場は、明日から3連休に入りますので、まだまだ気になっています。この週末は眠れない方も多いのではないかと考えています。

20100209

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です