admin について

サウナ:)

2022年夏の株式市場について

イベントや事件が続いています。

原油価格は、このところ1バレル90ドル台と下落傾向が確実になってきたようです。為替については、今週1ドル139.377円を付けました。

流れが大きく変わりましたね。

今夜のNY Dowは、まだザラ場ですが、さっきプラス566.47ドルを付けていました。まだ乱高下しながらの下落途中といった感じでしょうか。

なお、今回の事件は、フレデリック・フォーサイス氏の小説的には、色々な議論がされそうですね。

株式市場と仮想通貨について

今夜のNY Dowも厳しいようです。

最後の指標として謳歌していた株式市場も、このところは厳しい限りです。

また、金融緩和と株式市場から、トリクルダウン的に恩恵を受けていたものの1つが仮想通貨だったと思うのですが、株式市場以上にボロボロになっている感じです。短期間に平気で1,000倍以上乱高下する”通貨って何”ということもあるのですが、ドルでさえ、ゴールド、オイル、軍需等に支えられてきていますので、仮想通貨を順張りで仮想通貨でヘッジしていたなんてことはナンセンスですね。最近は、ツールも充実してきているようなので、やるならショートでのヘッジではないでしょうか。

為替で円も厳しいですね。

“陰極めて陽となる”ではありませんが、株式市場は疲れ果てている感じですので、そろそろ、明るい方向に動くことを期待しています。

写真は、最近観た映画関連ということで、昔、撮ったものです。

6月の株式市場について

5月18日(水)のNY Dowマイナス1,164.52ドルを始めとして、株式の下落が続いています。特にNY Dowは厳しいようです。

6月10日(金)がマイナス880.00ドル、13日(金)の日経平均がマイナス836.85円と、厳しさは変わらず続いています。

さっき、今夜のNY Dowを覗くと、ザラ場ですがマイナス624.00ドルを付けていました。

市場からのドルの回収が、今月から加速していますので、想像を超えた材料がないと、この流れを変えるのは難しそうな感じでしょうか。

円安は、この夏、この秋と続きそうですね。

2022年5月のSQ週について

昨日の日経平均プラス185.03円、今朝のNY Dowマイナス98.60ドルで、”Sell in May”のSQ週に突入です。

為替では、この1か月間のわかりやすい円安で、しっかりとカモられた感じです。

日経平均も、機会があるごとに世界中からカモられている感じなのでシビれます。

アメリカの金融の引締めによって、市場からすごい勢いでお金が大量に回収されることになったので、SQ週からは更に注意が必要ですね。

また、今回の円安は、世界中からお金を集め、日経平均を浮上させるための材料の1つになってくれるといいのですが、そのためには少し金利がほしいですね。

5月4日(水)のNY Dowプラス932.27ドルについて

インフレ下の金融引締市場で、株式市場は乱高下中です。

FOMCは、予定どおりに、追加的な0.5ポイントの利上げと約1,200兆円規模の資産圧縮の方向を固めたようです。

経済は、すごい勢いでシュリンクしている感じなので、為替を守るためとしても当面の厳しさは格別ですね。

1ドル130円前後の円安が続いていますので、日経平均の安定と日本からのお金の流出を止めるためにも、円にも少し金利がほしいところです。

4月29日(金)のNY Dowマイナス939.18ドルについて

今朝のNY Dowマイナス939.18ドルはシビレます。

1日でマイナス2.77%です。さらにマイナス4.17%のNasdaqは恐怖です。

NY Dowは、このところ史上最高値を更新し続けていましたので、かなりの下げしろをもっていそうですが、日経平均は何ともです。

カレンダーも悪いですね。日経平均をオモチャにするためのようです。ゴールデンウィーク(GW)中の5月2日(月)の寄付きのことを考えると、この週末には眠れない方が多いのではないでしょうか。日経平均は、5月3日(火)から、また3日間市場が閉鎖されますので、わかりやすく日本からお金が吸い取られそうです。

“日本のGWがこの時期に設定されている理由”は、”日本からお金を吸い上げるために設定されている”ような感じのカレンダーになっています。

ノーリスクで技術的に日本のお金が搾取され続けそうなので、(逆のことをいっているかもしれませんが、いつでも金利を下げることができるように)日本にも金利がほしいですね。

“ピンチはチャンス”、”禍(わざわい)を転じて福となす”、”陰極まりて陽となる”など、このタイミングでは、どれをいっても叱られそうです。

”日経平均の絶好の仕込み時期?!”、”日経平均の押し目?!”といわれるようになってほしいものです。

明るいニュースを引き続き期待しています。

50円玉の”ニッケル”と”銅”の価値は8.2円程度?!

海外に行って、お札を裸でポケットに入れていると、どこの国のお札もすぐにボロボロになってしまう感じです。”日本のお札はすごい”といつも思います。コインについても同じです。

造幣局のホームページによると、現在、発行されている50円玉の質量は4gで、成分はニッケル25.0%、銅75.0%のようです。

そうすると、1枚の50円玉は、1gのニッケルと3gの銅で構成されていることになります。

最近の相場から、ニッケルを約4.3円/g、銅を約1.3円/gと仮定すると、ニッケル分は約4.3円、銅分は約3.9円(約1.3円/g×3g=約3.9円)です。合計すると、ニッケルと銅の費用だけで約8.2円(約4.3円+約3.9円)です。

今後、一層の円安が進み、ニッケルと銅の相場の高騰が進むと、お金そのものもですが、日本の50円玉も海外に流出してしまいそうですね。

アルミスクラップの買取り価格も上昇しているようなので、成分が正確に管理されたアルミでできた1円玉も気になります。

1ドル130円台と50円玉貯金について

4月28日(木)に、1ドル130円台を付けられてしまいました。ザラ場だと131円台です。

これだけわかりやすく円安が進むと、お金が海外に吸い取られるシステムが確立してしまったようです。日本人の一人ひとりは、海外の人と比べて、すごい勢いで貧しくなっています。

東京市場はこれでゴールデンウィークに入りますので、眠れない人が多いのではないでしょうか。

日経平均はプラス461.27円。NY Dowはまだザラ場ですが、さっきプラス651.88ドルを付けていました。乱高下中ですね。為替は1ドル131円前後で動いているようです。

個人的には、50円玉貯金を始めようかなという感じです。

明るい話題を期待しています。

2022年5月の株式市場について

“Sell in May(5月は株を売れ)”という格言があるようです。

6月から下げる傾向が多いらしいようですが、4月末の今だと迷惑な話です。

先週のNY Dowはマイナス981.36ドルで終わり、日経平均もマイナス447.80円で終わっています。為替も1ドル128円圏の安値安定でした。

このような状況で、5月に株を売れといわれても何だかで、まだまだ下がるということでしょうか。

この数年来の驚異的な金融緩和が、引き締め方向に変わっていますので、このところのわかりやすい円安は、日本のお金がすごい勢いで海外から搾り取られている感じです。

日本も少し金利を上げて、お金の流出を止めるとともに、ドルベースでの日経平均を上げることによってお金を日本に集めてほしいと期待しています。

東京の街は、すごい勢いで貧しくなっているように感じます。

引き続き、明るいニュースを期待しています。

写真は、少し前の東京タワーです。

“めんどうなラーメン店の客”について

今日の日経平均がプラス816.05円。為替が1ドル120.77円。

日本の資産のバーゲンセール中という感じです。株式市場については、当面の乱高下基調は変わらなそうです。

さて、”めんどうなラーメン店の客”というのは、僕のことです。

関東へ進出して意外と早く撤退するとんこつラーメン店が多い中、僕は、関東で頑張ってくれている某チェーン店のファンです。味は、少しおしゃれになっています。

もう数年前になりますが、かなり通い続けたため、ポイントが貯まった得点として、替え玉、半熟玉子及び餃子の無料クーポン券の厚い冊子をもらいました。とてもイキなもので”使用期限がないことと、切り離して誰にあげても有効なこと”が書かれたものでした。

このクーポン券のいいところは、使ってもなかなか減らないということがあるのですが、古いクーポン券なので、知らない店員だった場合には、店員に対して”このクーポン券は、有効期限がないこと”が説明できるので優れものでした。昔からのファンで、ツウだということがアピールできて最高でした。

最近、久しぶりに、またそのチェーン店に通い始めて、会計のときに”このクーポン券は知らないでしょう”という思いを込めて、”このクーポン券は使えますか”と聞いていました。快感でした。

しかし、今年1月に、”このクーポン券は、廃止になっていて、もう使えません”といわれてしまいました。”めんどうなやつ”というのが定着してしまったようです。”先週は使えましたよ。使用期限はないと書いているんですけど”と答えると、”その店員が間違ったようです”と、これまで対応してくれていた定員がディスられてしまいました。

店員と揉めるのが本意ではないので、”えー”といって、持っていた冊子をお店にお返して帰りましたが、これまで明るく付き合ってくれていた店員の方の名誉のためにメモにしておきます。

僕はそのチェーン店のファンなので、もちろんまだ通い続けています。これからも、よろしくお願いします。

次の作戦を考えないといけません。