原油価格の”マイナス37.63ドル”について

先週の株式市場も軟調でした。

先週の強烈なニュースは、20日にザラ場ですが、原油価格(WTIの5月限)が1バレル”マイナス37.63ドル”を付けたことでしょうか?この価格で買った人と売った人のインタビューを聞きたいですね。原油価格がマイナスとは、経済は国際的にとんでもないことになっているようです。

日本も台湾のように国内需要だけでも守れていれば、少し対応のための時間稼ぎができていたのではないかと悔やまれるところです。

また、先週はアメリカの新型コロナウイルスの抗体検査で、ニューヨーク州で13.9%、ニューヨーク市で21.2%の人が抗体を持っていたというニュースが流れていました。東京の数字も知りたいところです。

日本も4月の訪日客はこの自粛が虚しくなるくらい多そうなので、”集団免疫”化が一気に進んでいるかもしれませんね。

そうすると、対応の仕方が大きく変わりそうです。ルールの変更にも注意ですね。

ご武運を。

4/13-17の株式市場について

今週の株式市場も乱高下していましたが目立たなくなりました。17日(金)の日経平均がプラス607.06円でNY Dowがプラス704.81ドルでした:)

実経済も厳しい限りで、上値はしばらく重たい感じです。

世界的にキャッシュ、キャッシュ、キャッシュでドル需要がすごそうですが、供給量もすごそうです。

直近のデフレとその次のハイパーインフレがこわいですね。

中国からの訪日客数をJNTO推計値で並べました。

12月  710,200人

1月  924,800人

2月   87,200人

3月  10,400人

計  1,732,600人

4月の数字も気になります。

今週の株式市場について

今週の日経平均とNY Dowは少しですが戻していい感じでした。地場が極めて悪いときに上げているのは気持ちが悪いので要注意ですね。

この週末は、今後経済的にかなり厳しくなることが一層予感させられます。

テレビでは、”感染を広げないために電車の運行も減らされています”というコメントがされていましたが、感染を広げないためには逆に電車の運行は減らさないでほしいですね。

保江邦夫さんのYouTubeで、”5G”の周波数は新型コロナウイルスを活性化させる可能性があるのではないかという、情報が提供されていました。5Gの周波数というと、国や地域で少し異なりますが、20〜40GHz帯も使われていますので、専門家には技術的に検証してほしいところです。日本は5Gの普及で先進各国よりも遅れていますので、もしその可能性があれば少し・・・。

ご武運を。

2020FY相場の始まりについて

先週の株式相場も厳しかったですね。

地場は非常に悪いですが、明日からは本格的に2020年度の相場が始まります。

この数か月で、経済、金融、社会などが世界的に変わりそうです。

当面は、相対的な通貨の価値とインフレ懸念に注意でしょうか。

秋山真之さん起草の末尾の”本日天気明朗なれども波高し”が気になります。

 

金曜日のNY Dowのマイナス915.39ドルについて

3月28日(金)のNY Dowはマイナス915.39ドルだったようです。

アメリカでは、新型コロナウイルス対策として、1人当たり$1,200(約13万円)、結婚しているカップルだと$2,400(約26万円)、子どもは1人当たり$500ドル(約5万4千円)を3週間以内に受け取れること等が決まったようです。

世界的に、人もですが、物流も止まっていますので、当面の経済は怖い限りです。

NY Mercantile原油で1バレル当たり21ドル台を付けていることも非常に気になっています。もし買えるのなら有事用の保険をしっかり掛けて買いたいくらいです。

また、専門家による特効薬の開発はまだでしょうか。

国産のマスクについてもドラッグストアの店頭に山積みになるように早く体制を整えてほしいと考えています。食糧、消毒液、医療品等についても、しっかりと国産で揃うように早急に期待したいところです。

写真は、今週の桜です。

この1か月の株式市場について

乱高下が続いています。最後の砦の指標だったのですが、先行きに明かりの見えない非常に厳しい株式市場ですね。

“山高ければ谷深し”そのままになっています。

メモを追加させていただきます。

3月24日(火)NY Dow プラス2,112.98ドル

3月25日(水)日経平均 プラス1,454.28円

3月25日(水)NY Dow プラス495.64ドル

3月26日(木)日経平均 マイナス882.03円

3月26日(木) NY Dow プラス1,351.62ドル

3月27日(金)日経平均 プラス724.83円

3月27日(金) NY Dow マイナス745.07ドル(さっき覗いたときの値でザラ場です。)

今週は少し耐えている感じでしょうか。厳しい中で3月も終わってしまいそうです。

最近、色々な”〇〇〇ダウン”という不気味な用語が飛び交っています。厳しい方向にどんどん進んでいるので、一層、特効薬の開発等の明るい話題を期待しています。

また、中国、イタリア等の現場からのニュースが、最近、非常に少なくなっているので、想像以上に悲惨なことになっていそうです。残念ですが、テレビのニュースが信用されないようになっていますので、真実が知りたいですね。

月のNY Dowのマイナス582.05ドルと火の日経平均のプラス1,204.57円

今週も株式市場が不安定で乱高下が止まりませんね。

23日(月) 日経平均: プラス334.95円

23日(月) NY Dow: マイナス582.05ドル

24日(火) 日経平均: プラス1,204.57円

今夜のNY Dowは、さっき覗くとプラス1,446.13を付けていました。朝まで上げ切ってほしいものです。

新型コロナウイルスの抑制を諦めてしまったように見える国もあるのですが、経済の方も非常に厳しいサバイバルでしょうか。

少しでも国内生産と内需を育ててほしい限りです。”株価資本主義”という感じで上げていたのは株価だけで、経済が元々極めて悪かった状況にこのウイルスだと、世界中でテロやクーが勃発しそうで何ともです。

新型コロナウイルスの特効薬の開発はまだでしょうか。

NY Dowの木曜日と金曜日

新型コロナウイルスが世界的に大変なことになっていますが経済も同様でしょうか。

NY Dowの先週の木曜日(3/19)はプラス884.00ドルで金曜日(3/20)はマイナス913.21ドルでした。

今、行われているホワイトハウスのブリーフィングも長いですね。

株式市場が経済の先行指標として復活している感じもします。

直近は”キャッシュ”、”キャッシュ”、”キャッシュ”ですが、世界的に紙幣の供給量が凄そうなので、生き残れる通貨も注意ですね。

トレジャーボンドの金利が上がっていることも不気味です。

また軍事的な動きについても注意しています。

水曜日のNY Dowマイナス1338.46ドルと木曜日の日経平均マイナス173.72円

まだまだ株式市場の乱高下が続いています。

3月18日(水)のNY Dowがマイナス1338.46ドルで、3月19日(木)の日経平均がマイナス173.72円でした。

非常に厳しい限りです。

さっきNY Dowを覗くとマイナス11.02ドルでした。やっぱり朝まで気になりますね。

まだマスクもドラッグストアの店頭に積み上がっていませんね。流通について丁寧に取材していただきたいと考えています。また、マスクに限らず日々必要なものは、国内でしっかりと生産され供給される体制を早急に整えられることを期待しています。

2月の中国からの訪日客数(推計値)が87,200人だったと日本政府観光局から発表されました。

この3か月間の中国からの訪日客数を足すと”約172万人”になります。

まだまだ国内での新コロナウイルスの感染者数は増えそうですね。

2019年12月  710,200人

2020年 1月  924,800人

2020年 2月   87,200人

計    1,722,200人

水曜日のNY Dowのプラス1,985.00ドルと木曜日の日経平均のマイナス284.98円

株式市場の乱高下が止まりませんね。

17日(水)のNY Dowはプラス1,985.00ドルで、18日(木)の日経平均はマイナス284.98円でした。

このところ世界中で毀損し続けている株式、不動産等の資産については想像できないものがありそうです。

アメリカの景気刺激策として、産業界向けのものも多く、個人的なものとしても2週間以内に1人に当たり1,000ドル(約10万円)の小切手を送付することや、給与税を免除することなどが検討されているようですごいのですが、今夜のNY Dowを先程覗くとザラ場でマイナス1,042.70ドルを付けていて非常に厳しい感じです。

また、さっき原油はNY Mercantileで1バレル当たり24.23ドルを付けていて、30ドルを大きく切っていました。どこまで下げるのか厳しいですね。

また、国産のマスクをドラッグストアの店頭に山積みにすることを期待しています。