花粉症のシーズンが始まりました。

“景気の底抜け”ってイヤな言葉ですね。昨年の12月の株式市場の調整の影響を示す悪いニュースが出だしている感じです。

僕の花粉症は今週から始まる予定ですが、株式市場も今週くらいから約1か月間が特に注意ですね。

昨年は2月の調整も強烈でした(この1週間の株式市場の強烈な調整について)。

旧暦のお正月といわれている”春節”も終わって、新しい年が始まったようです。

株式市場は、花粉症が終わる頃(僕はスギ花粉のようです。)までは耐えてほしいと考えています。

今年の株式市場について

1月も今週から下旬に入りますね。

前回、張り付けた写真について、上から流れているものが、もし流れ星だとすると、止まっているので「願い事いい放題」という非常におめでたいものになっています:) iPhone5で昔、撮ったものです(下側を少しカットして、容量を2M未満に抑えています。)。

株式市場は昨年の12月に大きく下げているので、春頃には実経済に効いているのがしっかりと見えてきそうな気もしますが、株式市場自体は、3月のSQ週の頃までを目途に、どこまで耐えることができるかという我慢比べになりそうな感じもしています。逆にこの頃までに下値を拾って行くことができればラッキーかもという感じもしています。

大きく上に行くか、大きく下に行くかはわかりませんが、ゴールデンウイーク明けの頃にははっきりしていそうです。ドキドキ感は続きそうです。

しばらく世界的に大きな材料が続きそうですが、もちろん北向きがいいですね。

今朝のNY Dowのプラス746.94ドルについて

プラスなので大丈夫ですが、このところボラが大き過ぎて非常に危険な感じですね。

今朝のNY Dowはプラス746.94ドルで終わったようです。

特段の悪い材料が出なければ、週明けの日経平均の寄付きは期待できそうですが、株式市場は短中期的に非常に厳しい環境なので、上げれるときにはしっかりと上げておいてほしいと考えています。

“大発会”の日経平均のマイナス452.81円について

5日の土曜日ですね。

市場の年明けの最初の取引日が”大発会”で、年末の最後の取引日が”大納会”とのことですが、今年の大発会(4日)の日経平均はマイナス452.81円だったようです。

前日(3日)のNY Dowはマイナス660.02ドルだったので、マイナス452.81円で終わったのは何ともですね。

為替も今年はザラ場で1ドル104円台を既に付けて、為替のボラも大きくなっています。

しばらく厳しそうですね。

NY Dowのプラス1,086.25ドルと日経平均のプラス750.56円について

今朝のNY Dowのプラス1,086.25ドルと、それを受けての今日の日経平均のプラス750.56円はいい感じですね。

今夜のNY Dowは、まだザラ場ですが、マイナス340ドル付近を付けています。

この12月からの株式市場の下落はすごくて、まだまだ予断を許しませんが、上げるときにはしっかりと上げておいてほしいですね。

3連休明けの日経平均のマイナス1010.45円について

僕の記憶では、今年では2月6日に続く2番目の下げでしょうか。

今月の南向きの市場で、3連休明けに付けた日経平均のマイナス1010.45円はきついですね。

月曜日にマイナス653.17ドルと一段下げたNY Dowを受けてなので覚悟でしょうか。

日経平均の明日の寄付きも気になります。

為替も動いていますね。

12月の株式市場について

この12月の調整は、先週まででNY Dowが約3,000ドル、日経平均が約2,500円になっています。非常にきついですね。

米国の減税効果や金利の方向も気になっていますが、今回の株式市場の調整は少し続きそうでイヤな感じです。

今年の市場は、まだ来週が残っていますので、少しでも北向きであることを期待しています。

先週のNY Dowのボラについて

先週のNY Dowもマイナス799.36ドルやマイナス558.72ドルを付けたりしてボラが非常に大きくなっています。

今年の市場を統括するのは、まだ早い感じがしますが、2月のNY Dowが先導した大きな下げが印象的でした。http://21-i.com/blog/?p=708

ただし、この2~3年の大幅な上げで吸収できている感じもします。

今週はSQ週ですし、まだまだ予断を許しませんね。