2016年2月 のアーカイブ

株式市場の3月のSQの試練について?!

2016年2月28日 日曜日

もうすぐ3月です。株式市場にとっての3月のイベントとしては、やっぱり大きなSQでしょうか。試練ですね。

今年は、アメリカで大統領選挙が控えていると聞いていますので、当面は3月のSQまでのNY Dowが注目です。

前回はオバマ大統領の2期目の選挙でした(2012年11月のアメリカ合衆国の大統領選挙とSQを迎えるに当たって(http://21-i.com/blog/?p=178))が、今回は株式市場にとっては厳しそうですね。

日経平均も注意が必要ですね。

また、このところ大きく下げていて最近気になっていますドイツ銀行株にブックマークを付けています。

ご武運を!

祝‼︎日経平均のプラス1,069.97円について

2016年2月15日 月曜日

今日の日経平均のプラス1,069.97円はとてもいいですね。

上がるときには少しでも上げておいてほしいと思っています。

このまま3月のSQまで乗り切ってほしいですね。

ご武運を!

2月15日(月)の週の材料について

2016年2月14日 日曜日

ドイツ銀行がとんでもないことになっているようですが、今週の株式市場の材料は、先週の1週間、中国市場は春節(旧正月)で休みだったことです。

中国の祭日が材料というのも変ですが、先週の1週間に日経平均は約2,000円も下げています。他の国の市場も似たり寄ったりでした。

世界中の株価がこの1週間で大きく下げた分を、中国の株価は明日の月曜日以降にこなさないといけないことになります。時間をかけた調整になるかもしれませんが、何もなかったような展開を期待しています。

中国の株式市場は、昨年の夏から猛烈に下げていますが、それまでの急上昇を考えるとまだまだでしょうか。

今週の日経平均もドキドキです。

もっと大きな材料が出てくる可能性もありますね。

祭日が材料ということについては、為替が対ドルで直近の110円台を付けたのも、先週の日本が祭日のときのロンドン市場だったようです。日銀がマイナス金利を発表した先月末から10営業日の間に、円が対ドルで約10円の円高が一気に進みました。金融の世界は僕が想像していたよりも規模がかなり大きい世界だと認識した日でした。

ご武運を!

この3営業日の株式市場について

2016年2月12日 金曜日

さっき確認すると、今日の日経平均はマイナス760.78円だったようです。

この3営業日の合計を計算しても、書くのははばかれます。

海外もひどいし、マイナス760.78円は昨日の祭日分を合わせた2日分だといっても大変厳しいですね。

まだまだ注意ですね。

ご武運を!

2月10日(水)の株式市場について

2016年2月11日 木曜日

日付けが変わって、2月11日(木)になりました。

昨日のアルコールがなかなか抜けないのですが、今年に入ってからは、特に悪い意味での株、株、株ですので、記録に残すために書いています。もう3年前のことになりますが、”イケイケの日本株とアメリカ株!!”(http://21-i.com/blog/?p=218)と書いていた頃を懐かしく思っています。

2月10日(水)の日経平均は、マイナス372.05円で終わりました。このところのボラは非常に大きいので、マイナス372.05円では余り目立ちませんね。

でも、2月9日(火)のマイナス918.86円を受けてのマイナス372.05円であること、今週がSQであること、日本では2月11日(木)が祭日であることなどを考えると、多くのドラマが起こっていそうです。

また、為替は今夜1ドル113円台を付けそうな勢いですね。明るい話題としては、今夜は、ドイツ銀行の株が約10パーセント戻しているようです。

ご武運を!

2月9日(火)の日経平均のマイナス918.86円について

2016年2月9日 火曜日

SQの週の日経平均のマイナス918.86円は厳しいですね。

余りニュースになっていませんが8日はドイツ銀行が1日で10パーセント近く下げていたので、覚悟していた人も多かったと思いますが何ともです。ドイツ銀行は、さっきも下げていました。

明るいことといえば、ショートポジションを取っていた方は、おめでとうございます。

まだまだ世界的に地合いが悪いので、材料があればすぐに下げそうで恐いところです。

でも、ドイツ銀行に何が起こっているのかは、詳しく知りたいですね。

ご武運を!

頑張ってほしい株式市場

2016年2月6日 土曜日

景気の先行指標といわれているのが株式市場ですが、最後まで耐えてきた感のある株式市場は、ここのところ非常に厳しいですね。

また、昨日の金融株も大変厳しかったようです。海外は極めて悪い感じなので、しょうがないのでしょうか。

金融株は株式市場の先行指標といわれていますので、株式市場には、しばらく目が離せませんね。

日本では先月(1月)にマイナス金利の発表がされていますが、アメリカでは先々月(12月)に利上げの発表がされています。意味は異なる(?)かもしれませんが、どちらも歴史的で衝撃的な発表だったと思っています。

大きな事件も起きそうです。

海外市場とは関係なく、日経平均は少しづつ上げ続けることを希望します。

また、猛烈なドル需要が発生しそうなので、ドル高には注意ですね。

ご武運を!